オムニア・キャピタル傘下の地場航空会社であるドゥマガスは、事業開発で人工知能に賭ける

人工知能は輸送分野に新たな機会をもたらし、特に大企業におけるデジタル化の可能性を加速させます。

人工知能は輸送分野に新たな機会をもたらし、特に大企業におけるデジタル化の可能性を加速させます。

オムニア・キャピタルの共同設立者であるマテイ・ラデア氏は、金融新聞とのインタビューで次のように説明しています。「人工知能は運輸分野に新たな機会をもたらし、特に大企業におけるデジタル化の可能性を加速させます。」

9ヶ月前、合併吸収市場で積極性を見せるオムニア・キャピタルに買われた輸送会社のドゥマガスは、業務効率化に焦点を当てた人工知能(AI)、デジタル化、自動化に基づくソリューションへの投資プロセスを開始しています。

元の記事を読む: Ziarul Fianciar

Share the Post:

当社のウェブサイトは、お客様の体験を向上させ、適切でカスタマイズされたコンテンツを表示するためにクッキーを使用しています。当サイトの閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなされます。詳しくはクッキー方針をご覧ください。